映画交換ウソ日記の原作は?ネタバレと感想を調査!

エンタメ

映画交換ウソ日記の原作について、またネタバレと感想についてご紹介します。

映画交換ウソ日記が高橋文哉さん主演で2023年7月7日に公開することが決定しました。

主演を務める高橋文哉さんは仮面ライダーゼロワンで主人公を演じ、数々の話題作に出演し、今回が恋愛映画初主演となります。

ヒロインはドラマ「silent」で注目された桜田ひよりさんが演じます。話題のお二人が出演されるとあって今から注目の映画ですね。

注目映画とあって、交換ウソ日記の原作について気になっている方も多いと思います。

 

今回は映画交換ウソ日記の原作について調査し、ネタバレや原作の感想なども調べてみましたのでご紹介していきます。

 

映画交換ウソ日記の原作

映画交換ウソ日記の原作は、櫻いいよ氏の青春恋愛小説「交換ウソ日記」(スターツ出版文庫)です。

 

 

櫻いいよ氏は2022年に映画化された「君が落とした青空」などの代表作があります。

 

交換ウソ日記は携帯小説サイト「野いちご」で2017年に発表し、同年文庫化されました。

2020年にSNSで話題になったのをきっかけにティーン世代の若者から支持を集め、シリーズ化、ジュニア文庫化、コミカライズ化など数々のメディアで注目を集めています。

 

シリーズ累計発行部数は50万部を突破し、活字離れが叫ばれているティーン世代でも異例の支持を集めています。

 

スターツ出版文庫からはシリーズで現在3つまでが発表されていますが、今回映画化されるのはシリーズ最初の交換ウソ日記となっていますよ。

 

こちらはコミカライズ、ジュニア文庫化もされています。

 

映画交換ウソ日記のあらすじとネタバレ

映画交換ウソ日記のあらすじをネタバレを含めてご紹介していきます。

少しネタバレを含みますのでネタバレされたくない方は気を付けてくださいね。

ではご紹介していきます。

 

高校二年生の黒田希美が移動教室の机の中に、学校で一番のモテ男子である瀬戸山潤から「好きだ。」とただそれだけが書かれた手紙を見つけるところから物語が始まります。

 

同学年ではあるものの、クラスも違う二人なので、希美は彼のことを知っていても彼が希美のことを知っている可能性はあまりありません。放送部に所属する希美は流行りに乗れずこっそりとヘヴィーメタルを好み、自分に自信が持てず、綺麗とも可愛いとも言われない所謂地味なタイプの女の子。いたずらかなと疑いつつもただ「ありがとう」とだけ書いた返事を靴箱に入れた希美。

 

そこから二人の秘密の交換日記が始まります。けれどもそんな中、瀬戸山が送った手紙や日記は希美ではなく、希美の親友である松本江里乃にあてたものだったことが判明してしまいます。

 

江里乃は勉強もできて美人でしっかりと自分の意見を持ったリーダーシップのある女の子、かたや自分は自信が持てず自分の思ったことを素直に話せない、希美は本当のことを言い出せないままやり取りを続けてしまいます

 

空気を読みすぎて、自分の意見をはっきりと言えない希美に対し、自分の思ったことを真っすぐに伝えてくる真逆の瀬戸山に苦手意識を持っていた希美ですが、やり取りを通してだんだんと瀬戸山に惹かれていきます

 

打ち明けるきっかけを失ったままウソをついてしまい、ねじれていく事態は思わぬ方向へと転がっていってしまいます。ウソから始まった片思いの行方はどうなっていくのでしょうか。

 

これ以上は是非原作や映画で確かめてみてくださいね。

もう少しネタバレをしてしまうと・・・

 

自分に自信がなかった希美ですが、ラストでは自分の主張もすこしずつしていこうと勇気を出すようになります。

 

その過程や、その勇気によってもたらされるラストを是非自分の目で見てみてください。

 

映画交換ウソ日記の原作の感想を調査

映画交換ウソ日記の原作の感想を調査してみました。

 

手紙から始まる恋愛に対しての感想

  • 交換日記が懐かしく感じたが若い世代には逆に新鮮なのかもしれない
  • 昔交換日記やってたなと思いながら読んだ
  • 今はLINEなど手軽に連絡が取れるが、手紙というアナログさがよかった

 

展開への感想

  • 少女漫画的展開で、先は読みやすかった
  • 読みやすくて一気に読んだ
  • ウソをついて日記を続ける部分は切なく苦しかった
  • 高校生らしい展開が学生時代青春時代を思い起こさせた
  • 少女漫画的恋愛小説だが伏線などもあったので楽しめた

 

恋愛部分への感想

  • とにかくきゅんきゅんした
  • 切ない展開に胸が苦しくなったが最後はとてもにやにやしてしまった
  • じれったくて甘酸っぱい展開がよかった
  • 最後の告白シーンがよかった
  • 瀬戸山くんがとてもいい子でかっこいい

 

希美の性格や成長に関しての感想

  • 相手に合わせすぎて意見が言えない性格に共感した
  • 最初はオドオドしている希美にイラっとしてしまう部分があった芯はしっかり持っている子なのでそこがよかった
  • 自信がない希美が物語を通して成長していく姿がよかった
  • 自分も希美と同じような性格なので勇気づけられた

 

 

ザ・恋愛小説といった感じで展開にきゅんきゅんした、ときめいた、との感想が多く聞かれました。

 

希美の自分の気持ちを上手く言葉にできない性格が合わないと思われた方やウソをついてしまう展開にもどかしく感じた方もいらっしゃいました。

 

ただ、彼女の性格を自身に重ね合わせて共感している方や希美が気付きを得て成長していく姿に考えさせられた、勇気づけられたとの声も多かったですね。

 

自分の意見を言えなかったり周りに合わせてしまいがちなのは私自身も覚えがあるので、そういう部分がじれったくも共感しながら読まれた方も多いのではないでしょうか

 

また映画では主人公となる瀬戸山に対してとてもいい人、かっこいい、との声もたくさんありましたよ。

瀬戸山を演じる高橋文哉さんもとてもイケメンですし、かっこよく演じてくれるのではないでしょうか。

 

 

小説が好きだったので映画化をとても楽しみにしている声もたくさんありましたよ。キャストの配役にも期待している方がとても多かったです。

 

映画の公開がとても楽しみですね。

 

映画交換ウソ日記の原作は?ネタバレと感想を調査!のまとめ

今回は映画交換ウソ日記の原作について、ネタバレや感想を調査しご紹介しました。

 

  • 映画交換ウソ日記の原作は櫻いいよ氏著、スターツ出版文庫の同名小説が原作
  • 原作の交換ウソ日記はシリーズ化されていて、今回映画化されるのはシリーズ最初の作品
  • 携帯小説サイト「野いちご」で2017年に発表され、文庫化
  • 現在はジュニア文庫化とコミカライズ化もされている
  • 原作交換ウソ日記は、机にいれられた手紙から始まる青春恋愛小説
  • ウソをついて交換日記を続ける展開が切ない
  • とてもキュンキュンできる少女漫画的展開がいい
  • 自分の意見が言えない希美が成長していく過程も楽しめる青春小説

 

王道の少女漫画的展開でありながら、手紙から始まる恋愛が懐かしさや若い世代には新鮮に思える青春恋愛小説が映画化となります。

主演の高橋文哉さんやヒロイン役の桜田ひよりさんも魅力的な俳優さんですので、実写化されるのがとても楽しみですね。

 

原作はシリーズ化された小説以外にもコミカライズ化もされていますから、気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

 

コメント