純愛ディソナンスにキスシーンはある?ベッドシーンがあるかを予想!

エンタメ

ドラマ純愛ディソナンスが今年の7月から放送されることが決定しましたね。主演はHey! Say! JUMP 中島裕翔さん!

ドラマ純愛ディソナンスで気になるのは中島裕翔さんと吉川愛さんとのキスシーンベッドシーンがあるのか?ということではないでしょうか。

ただ、「純愛ディソナンス」は完全オリジナルということで原作がなくキスシーンベッドシーンがあるのかという情報を入手するのは難しいようです。そこで「純愛ディソナンス」でキスシーンやベッドシーンがあるのか情報を整理し予想を立ててみました。

ドラマ「純愛ディソナンス」でキスシーンはあるの?

純愛ディソナンスの「ディソナンス」の意味は「不協和音」。純愛と不協和音と相反する言葉が合わさった言葉でできています。

また、純愛ディソナンスは、2部構成であることが発表されています。1部は青春と恋とサスペンスを描き、2部は5年後の大人の人間模様を描いているとのこと。

ドラマ純愛ディソナンス1部~高校生と先生編~でのキスシーン、ベッドシーン予想

まずは純愛ディソナンスの1部から予測を立ててみようと思います。

冴は、正樹が副担任を務めるクラスの生徒。教師と生徒である2人が、失踪事件を通して徐々に絆を深め、正樹はいつしか自分の中で冴に対する特別な感情に気づき始める。決してそれを恋だと認めたくない正樹だったが、一方の冴は恋だと信じて疑わない

引用:TVLIFE

本心で向き合えないまま決別する2人だが、ひょんなことから5年後に再会。

引用:TVLIFE

とあることから、正樹(中島裕翔さん)と冴(吉川愛さん)との関係は、正樹(中島裕翔さん)は恋だと認めたくないとあり、更に本心で向き合えないまま決別する2人というところから、2人の関係は恋人までもいくことがないと思われます。

ここから1部はキスシーン、ベッドシーンはないと予想します。

 

ドラマ純愛ディソナンス2部~5年後、既婚者と独身者~でのキスシーン、ベッドシーン予想

冴は成人を迎え、2人の間には障害は何もないはずだったが、正樹には妻がいた。そんな5年後の舞台では、“セカンドパートナー”という昨今話題となっている新しい概念も加わり、より複雑な関係性を生み出していく。

決して一線は越えることはなかったが、かつて引かれ合った2人の間には確かに純愛があった。そして、再会をきっかけに再び動き出した2人の微妙で繊細な関係性が生み出す“ディソナンス=不協和音”は次第に周囲の人間関係にひずみを生み、破滅へと向かい始める。

引用:TVLIFE

2部では正樹(中島裕翔さん)には妻がいるようです。その中で、冴(吉川愛さん)とはセカンドパートナーになるということがわかっています。

セカンドパートナーとは、配偶者以外の肉体関係を伴わない親密な(恋愛感情のある)交際相手を指します。
つまり、正樹(中島裕翔さん)と冴(吉川愛さん)とのベッドシーンは可能性はかなり低いものと思われます。ただ、ドロドロの人間関係とのコメントも各所で見ますので、一線を越えてしまう可能性や正樹(中島裕翔さん)と妻とのベッドシーンがある可能性は捨てきれません。

キスシーンについては、セカンドパートナーを意味するところが「配偶者以外の肉体関係を伴わない恋愛感情がある関係」であることから、キスシーンはあるのではないかと予想します。

更に恋愛感情があり、一線を越えない関係なのだとすると濃厚な激しいキスシーンがあるのではないか予想されます。

ドラマ「純愛ディソナンス」でキスシーン予想のまとめ

ドラマ「純愛ディソナンス」の前半は先生と生徒の純愛が描かれているため、キスシーンやベッドシーンはないと予想。

後半は、既婚者と独身者の「セカンドパートナー」という関係で、ベッドシーンの可能性は低いもののキスシーンはあるのではないかと予想をしました。

ドラマ「純愛ディソナンス」で、中島裕翔さんと吉川愛さんのドキドキ、ドロドロ、そしてサスペンスでハラハラと、どんなドラマになるのか今からとても楽しみです。

コメント